アンテナ

News人の登録掲載基準は?

どうもこんにちは、管理人のけいすけです。

この記事では5ちゃんねるのアンテナサイトである「News人」についてご紹介していきます。

News人はアンテナサイトの中でも特に歴史のあるサイトで、2007年から運営がスタートしています。

これは5ちゃんねるの前身である2ちゃんねるが一般層に知られてきた頃でもありますから、かなり老舗のアンテナサイトと言えますね。

けいすけ
けいすけ
News人ってかなり古くからあるけど、まとめサイト側からするとやっぱり登録されたいものなのかね?
神様
神様
そうじゃな。News人には大手まとめサイトがいくつも登録されているからのぉ。やはり新規まとめブロガーからするとひとつの目標じゃろうなぁ。
けいすけ
けいすけ
まぁ、人気があるまとめサイトならNews人でアクセスも増やせるだろうけど、新規のまとめサイトでも効果あるのかね?
神様
神様
その点も含めてNews人に登録されるための基準などについても解説をしていくぞい。

News人は古くからネット上で運営されているアンテナサイトなので、その分相互登録が出来ればアクセス数増加に一定の期待が出来ます。

ただし、登録をする上では必要となる逆アクセス数まとめサイト側のテーマなど、いくつか知っておくべきポイントがあります。

ここでは、News人に登録するための方法や、運営者が好むまとめサイトテーマなども解説していますので、ぜひ最後までご覧になっていってください。

News人とは?


News人というのは5ちゃんねるのまとめサイトを集め、それらを人気順に見やすく発信しているアンテナサイトです。

News人は2007年から運営をおこなっていますので、2ちゃんねる時代から続く老舗アンテナサイトのひとつということになります。

サイトというのはネット上で運営されている期間が長ければ長いほど、同一検索ワードで引っ掛かりやすいとされていますので、News人のようなアンテナサイトに自分のまとめサイトが掲載されるとアクセス数もグッと上がると言われています。

そのため、多くの新規まとめブロガーたちがNews人への登録を希望しているのですが、まずはNews人の特徴というのを知っておかないと効果的な相互フォローにはなりません。

登録がされても読者の層やNews人側の好みに沿っていないと逆アクセスがムダになってしまいますからね。

ということで、次にNews人の特徴を見ていきましょう。

News人の特徴について

News人の特徴ですが、まずトップページを見ると最新の記事がジャンル分けされずに並んでいることが分かります。

つまりマイナーなジャンルでも逆アクセス数が多ければトップの位置に掲載されるということです。

もちろんジャンルごとの人気記事でも検索は出来るのですが、どちらにしても記事単位で最新記事が羅列されることになるので、ひとまず1本でもヒットする記事を生みだせばアクセス数が稼ぎやすいとも言えるわけです。

ちなみにNews人では5ちゃんねるのまとめサイト・ブログ以外にも動画や画像をメインとしたまとめサイトも登録されています。

総合的な人気順を見てみると、

  • 「一般ニュース系」
  • 「VIP系」
  • 「動画系」

のサイトが上位に多く、その次に

  • 「ゲーム系」
  • 「アニメ系」

が続くといった印象です。

以下はNews人の中で総合的に見てランキング上位にいるまとめサイトたちです。

News人まとめサイト上位ランク(2020年5月下旬)
  • アルファルファモザイク
  • カナ速
  • おーるじゃんる
  • オレ的ゲーム速報@刃
  • 大艦巨砲主義!
  • なんJクエスト
  • NEWSぽけまとめーる
  • 哲学ニュース
  • VIPワイドガイド
  • 1000mg

アルファルファモザイク」や「オレ的ゲーム速報@刃」などは、ほかのアンテナサイトでもトップに位置することが多い大手まとめサイトですので、かなりアクセス数を稼いでいると考えられますね。

ほかにもまとめサイトが好きな人ならよく見かけるであろう「VIPワイドガイド」や「哲学ニュース」、「NEWSぽけまとめーる」なども登録されています。

これらはライブドアブログランキングでもトップ10入りをするほどの実力派まとめサイトですから、こうしたサイトが多く登録されているということは必然的に「News人が優れたアンテナサイトである」ということも証明しています。

また、大手まとめサイトが多く登録することによってNews人のネット上での影響力はさらに大きくなり、結果として他のまとめサイトへのアクセス変換率も良くなるというわけです。

このように考えると、やはりNews人にはぜひとも登録をしておきたいものですよね。

ちなみに、ランキングを見るとサイト名通り「News系」のまとめサイトが上位に掲載されやすいということも同時に分かりますので覚えておきましょう。

あとは、「ゲーム系」「アニメ系」もボチボチ推されているといった印象ですので、News人内での隙間を狙うなら良いジャンルかもしれません。

ちなみにゲーム系のライバルだと「えふえふ速報」「PS4速報」といったまとめサイトが挙げられます。

総合ランキングでも上位の方にいますので参考にしてみてください。

なお、News人では注目度の高い記事を☆の色で分けていますので、一目で人気・注目記事が分かるようになっています。

新規まとめブロガーの方にとっても勉強になる点だと思いますので、ぜひそちらもチェックしてみてください。

次に、上位以外にはどんなまとめサイトがあるのか?どれくらいNews人の中で推してくれているのか?ということも見ていきましょう。

News人に登録されているまとめサイト

2020年5月下旬の時点で調査したところ、News人に登録されているまとめサイト・ブログは500サイトほどありました。

これは大手アンテナサイトの中でも多い方になります。

ほかの大手アンテナサイトだと登録サイト数300~400が平均的ですので、その分新しく参入する方にとってもチャンスがあると言えるでしょう。

以下にNews人に登録されているサイトを無作為に20サイトほど選んでみました。

  • NEWSOKU BLOG
  • ボイスオブコリア韓国の反応翻訳まとめ
  • 結婚総研
  • バズのすすめ
  • 人気まとめ速報
  • 新生やせ速報
  • ばずってらー
  • たぴおかちゃんねる
  • どうぶつの世界
  • インテリライフ2ch
  • めんまにゅーす
  • トーイチャンネット
  • げいくち
  • BAKUWARO
  • 税金まとめ5チャンネル
  • ひとりで生きる・・・ちゃんねる
  • まとめジャーナル
  • なんでも受信遅報
  • 銀河系まとめブログ
  • 音ちゃんねる

こうやってみると正直あまり有名でないサイトも多く登録されていることが分かりますよね。

つまり初級レベルから中堅レベルのまとめサイトでもNews人には登録が出来るということです。

ただし、News人ではサイトごとのIN/OUT数値が公開されていないので、どれくらいの割合でアクセスが返還されるか分かっていません。

これはまとめサイト側からするとちょっと不利な条件と言えますが、それでも登録をしないよりはアクセス数が伸びるかと思いますので登録申請をしてみましょう。

実際には、アクセスが伸びなければ切ってしまえばいいだけですからね。

ということで、次にNews人に登録されるための基準や方法を見ていきたいと思います。

News人の登録基準と登録方法とは?

先ほども触れましたが、News人にはアクセス数がそこまでないと考えられるまとめサイトも掲載されています。

しかし、それはNews人の運営者側の好みと言えますので、正攻法でいく場合はある程度の逆アクセス数が必要となってきます。

そこで、まとめサイトを運営している管理人たちが語り合うスレから、News人に登録されるための基準を調査してみました。

News人の登録基準について

まずNews人に登録されるためのひとつの目安は「500アクセス/1日」を数日~1週間ほど送るといった形となっています。

参考:http://5chantenamatome.blog.jp/archives/16518224.html

運営者の好みに合っているようなサイトであれば「100~200/1日」でも登録がされる可能性がありますが、まずは逆アクセス数500というのを目標に頑張ってみましょう。

ちなみにこの逆アクセス数500という数字が高いのか?といいますと、<strong>大手アンテナサイトの中ではハードルが低い方だと思います。

ほかの大手アンテナサイトだと逆アクセスを「1000~1500/1日 × 1週間」ほど送っても連絡がないというところもありますので、そう考えるとNews人は良心的と言えます。

また、News人などの大手アンテナサイトだと「まだ新規でも受け付けてくれるのか?」という問題があるのですが、こちらも大丈夫です。

News人では2020年5月下旬時点でも新規登録サイトを増やしていますので、ちゃんと逆アクセスを送り登録申請をおこなえば相互フォローをしてくれます。

ということで、次はその登録申請方法について見ていきましょう。

News人の登録方法について

News人への登録方法は、一般的なアンテナサイト登録手順と同じです。

まずNews人のRSSを自分のまとめサイトに貼り付けて逆アクセスを送ります。

そして、先ほどの登録基準くらいのアクセス数・日数を達成したらNews人の運営者に対して登録申請メールを送ってください。

ちなみに登録申請フォームはこちらです。

News人登録申請フォーム
https://form1.fc2.com/form/?id=741521

なお、News人のサイトページには、以下のような文章が記載されています

“当サイトは、ニュースや体験談、アニメ、デジモノなどのネタを主に収集し、リンクさせていただいております。”
(引用:https://newser.cc/about

これを見る限り、おそらくアダルト系のまとめサイトを登録できる可能性というのは低いので覚えておいてください。

また、いつまで経っても登録申請が許可されないという方は、自分のサイトに貼り付けている広告もチェックしてみましょう。

多くのアンテナサイトでは、インタースティシャル広告が使われているまとめサイトを敬遠する傾向にあります。

そのため、画面いっぱいに広告がポップアップされるようなインタースティシャル広告を貼っているサイトの場合は、それらを取り除くことをおすすめします。

アンテナサイトが求めているまとめサイトというのは、なるべく多くのサイトに読者が巡回できるように設計されたサイトです。

つまり自分のところだけに長く留めようとする、巡回先が分かりづらいサイトというのは登録される確率が低くなります。

こうしたことも大手アンテナサイトに登録されるためには必要な知識ですので、ぜひ覚えておきましょう。

News人の運営者は誰?

News人は歴史のあるアンテナサイトですが、いったいどういった人が長年続けているのか?というのも気になる部分ですよね。

しかし、News人の運営者情報というのはネット上をいくら探しても出てきません。

一応、運営者が直接書き込んでいるとされるブログはあるのですが、こちらからも手掛かりはない状態となっています。

ちなみにこちらのブログは2013年から開始し、最後に記事が更新されたのは2019年2月となっていますので、そこまで頻繁に使っているブログではないようです。

最近の大手まとめサイト、アンテナサイトだと企業が運営している可能性が高いのですが、News人の場合は2007年から運営されていますので個人の方がひとり(もしくは副管理人やスタッフ数名ほど)でやっている可能性もありますね。

News人はつながらない?

News人と検索すると「つながらない」という関連ワードが出てきますが、これは過去にサーバーが落ちて繋がらなくなったことがあるからだと思います。

現在のところは普通にアクセスが出来ますので安心してください。

News人のホームページ内に書かれている更新履歴を見ると2010年~2012年にかけてサーバーが落ちたり、移動したりといったことを繰り返していたようなので、その名残りと言えるでしょう。

結論

5ちゃんねるのアンテナサイトの中でも老舗と言われる「News人」についてご紹介してきました。

News人は大手まとめサイトも登録をしているほど影響力の強いアンテナサイトです。

しかし、その割には新しく登録するための基準が易しいので、新規まとめブロガーにとっても利用価値の高いアンテナサイトと言われています。

ぜひ、これからまとめサイト運営を始めるという方は、実際にNews人の内容や推しテーマをチェックしてみてください。