アンテナ

「しぃアンテナ」は「エロ」目的で人気!?片やアダルトを非表示にできる機能も!

どうもこんにちは、管理人のけいすけです。
しぃアンテナ」は大量の5chまとめサイトの記事タイトルをヘッドライン表示して一覧できる、「アンテナサイト」と呼ばれる形態のサイトです。

しぃアンテナは歴史が長く掲載ブログ数も多いことから、5ch系のアンテナサイトの中でも大手と呼べる存在になっています。

そんなしぃアンテナはエロい話や画像を集める目的としても使えますので、5chでお馴染みの文言「夜のおかず」収集にもうってつけですね。

今回は「しぃアンテナ」は「エロ」目的で人気!?片やアダルトを非表示にできる機能も!と題しまして、しぃアンテナをエロ目的で使ってみたり、逆にエロを排除した情報収集ツールとして使う手順を解説していきます。

けいすけ
けいすけ
しぃアンテナってけっこうエロネタも混ざってるね
神様
神様
そもそも5chはあけすけな投稿がメインコンテンツだから、人間の根幹にあるエロが露出するのは自明の理というものじゃ
けいすけ
けいすけ
エロを消してニュース系だけ見ることはできるかな?
神様
神様
情報の見落としと天秤にかけることになるが、そういった使い方もできなくはないぞ

エロネタはしぃアンテナを構成する「柱」の一つで、エロネタを目的に見ることもできますし、エロネタを排除した状態で情報収集に使うこともできます。

しぃアンテナをエロ目的に使いたい人、逆にエロはいらないよという人、様々な人のお役に立てると思います。ぜひお読みください。

「しぃアンテナ」は「エロ」目的で人気!?

「しぃアンテナ」は「エロ」目的で人気!?という噂もありますが、「君はしぃアンテナをエロに使ってもいいし、エロを全く見なくてもいい」というのが実際のところです。

しぃアンテナ

しぃアンテナ内でワード検索すれば簡単にエロネタが抽出できる

しぃアンテナの検索フォームに「エロ」と入力して検索することで、かんたんにエロネタの記事をピックアップできます。

ネットユーザーにはいまさらの普通な情報で申し訳なく感じますので、もう一つ補足を。

しぃアンテナの検索フォームに複数のキーワードを入力すると、絞り込みではなく複数ワードの「どれかが」含まれる記事を全て表示する仕様になっています。これを「OR検索」といいます。

  • OR検索 複数の条件のうち少なくともいずれか一つを満たすものを表示
  • AND検索 複数の条件を全て満たすものを表示

Googleなどの大概の検索システムは「AND検索」を採用しているため、検索フォームに入力するキーワードを増やすほど検索対象が絞り込まれていきます。

これに対してしぃアンテナは「OR検索」であるため、絞り込みによる検索がしづらくなっています。

これで起こる悲劇としては、「エロ 画像」といったように複数キーワードで検索しようとすると「エロ」か「画像」のどちらかを含む記事が全てピックアップされてしまいます。

結果として、宇宙に存在する巨大な燃える星に関するアカデミックな画像記事に辿り着いてしまい、エロかった気持ちが賢者モードになってしまう…などということもあり得るわけです。

「エロ画像」のようにキーワードを分けずに1単語で検索するという方法もありますが、この例では「エロ画像」の4文字を正確に挿入している記事は意外と少なく、検索結果は数えるほどになってしまいます。

結論としては、しぃアンテナでのエロネタ抽出では「エロ」「エッチ」などの広い意味を持つキーワードを1つだけ使って検索するという方法が最適解といえます。

エロネタといっても千差万別!自ら開拓する必要あり

さて、検索フォームを使ってエロネタ記事を抽出しましたが、一言でエロネタといっても様々な形態があります。

  • 微エロ・エッチな雑談
  • 不倫話などの体験談
  • 1が貼ったエロ画像に関しての応酬
  • トラップ系・ホモネタ系

5chまとめブログの多くはテキストベースの記事が多くなるのは必然なので、エロネタの多くは体験談や下ネタ談義などのテキスト系が多くなります。

逆にいうと、テキスト上で繰り広げられる数々のエロこそ、しぃアンテナやしぃアンテナからアクセスできるまとめブログの真骨頂であると心得ておく必要があります。

画像を見たいといった場合には、

  • 【画像】
  • これどう思う?

などといったタイトルのものは「1」がエロ画像を掲示しているケースが多いですが、同時にトラップ系・ホモネタ系にもこういったタイトルが多いので、見極めは困難です。

多くの記事を読み込んで「勘」を鍛えるよりほかないでしょう。

微エロ・エッチな雑談

しぃアンテナからアクセスできるエロネタ記事の多くを占めるのは雑談系です。

芸能人やAV女優に関する話題もあるにはありますが、主には個人の思いつきによる性癖の話題やそれに対する共感のコメントなどになっていきます。

しぃアンテナの元ネタのまとめブログの元ネタである5chの性質を考えれば必然とそうなるでしょう。

  • ほとんど画像を使用できないテキストベースの掲示板システム
  • エロの話題がのぼる板の住人の偏り(喪男・毒男など)

これらの条件が重なることで、男たちの妄想と自己語り中心のエロネタに偏ってしまうのは致し方ないことです。

こういった記事の読み方としては、「夜のおかず」というよりは「笑いのネタ」「面白い読み物」として閲覧するのが正しい姿勢です。

ときには「おまえ天才か!」と思わず膝を打ってしまうような感動的なエロ雑談に巡り合うこともあります。

不倫話などの体験談

雑談と並んで多い記事が、個人のエロい体験談です。
主には「1」が体験したエロい体験を多くのレス数を割いて報告してゆき、話に区切りがついたところで住人のコメントや質疑応答がはじまるという形が多いです。

実際の体験談か創作話なのか怪しい記事もあるにはありますが、まとまったボリュームでエロい話が読めるので一定の見応えがあります。

若い会社員やバイトが職場の女上司に粉をかけられたり、ダメ元で仕掛けたらあっさりOKだったチョロい女との体験談などがあります。

また「1」の年齢層が高い記事では、必然と不倫話になったりもします。
不倫話の場合は単純にエロい話のまま終わるパターンと、その後に修羅場へ発展するパターンとがあります。

記事よってはエロは二の次で修羅場の方が楽しまれている場合もあるので、記事の流れから察するよりほかにないでしょう。

1が貼ったエロ画像に関しての応酬

【画像】」とタイトルに銘打たれた記事に多いのが、「1」が提示したエロ画像についてあーでもないこーでもないと住人たちがコメントしていく形式のものです。

この場合にはまとめ記事そのものにもエロ画像のリンクがはられているケースが多く、直接的な「夜のおかず」収集も可能となります。

また、スレの流れによっては「こういう画像もある」といったように、ひとつの記事に複数のエロ画像がはられる場合もあります。

ただ、こういった画像系スレで注意しなければならないのは、下記で解説しているトラップ系・ホモネタ系の記事も多々含まれているという点です。

トラップ系・ホモネタ系

エロ画像の紹介スレと見せかけてグロ画像がはられていたり、女性の話題だと誤認させて男性の話題を出しているホモネタだったりと、エロ記事にはトラップも多いです。

しぃアンテナや、しぃアンテナと提携するまとめサイトにおいては、来訪者に不快な思いをさせてアクセス数が下がっては元も子もありません。

ゆえにグロ画像についてはまとめ記事化に伴い、騙して見せるような手法は、ほぼ見られません。しかし、ときどき当たってしまうことはあります。

ホモネタについては、5ch上で「淫夢」という、過去に販売されていたゲイビデオのタイトルに由来するホモネタの一大ジャンルが存在していたことがあります。

その名残で、ホモネタは現在でも「笑いのネタ」として5chやまとめサイト上でまま見られ、女性の話題のように騙して誘導する手法も容認されています。

有名なスレとしては、保険の営業に来た「可愛い子」を手玉に取って温泉旅行に誘い、個室風呂で「しゃぶらせる」という小話があります。

その後、なぜか「1」自身も「可愛い子」のモノを「しゃぶる」行為に及び、そこではじめて「可愛い子」が男性営業マンであったことが明かされるというネタです。

なお、「ホモ」という言い方は侮蔑の意味を含むので「ゲイ」と言い直した方がいいという注意が近年では多く報じられています。
(「そのような言葉狩りは無用」と主張するゲイの方もいるので意見が分かれている議論です)

当記事では「ホモネタ」という言葉を使用しましたが、これは5chで多用されている事情を踏まえてのものですので、どうか怒らないでくださいね。

片やアダルトを非表示にできる機能も!

しぃアンテナでは、掲載ブログごとの非表示設定が可能で、エロネタ中心のまとめブログを非表示にすることでエロを排除した情報収集ツールとして使うこともできます。

旧非表示設定

旧バージョン「フィルター」でエロ系ブログを非表示にする

左側にサイドメニューを持つ旧バージョンのしぃアンテナでは、そのサイドメニュー内にある「フィルター」に非表示設定の説明が書かれています。

  1. 登録したいブログの記事の設定をクリック
  2. 「このブログを非表示にする」を選択

ホーム等に表示される各記事タイトル横の「設定」をクリックし、非表示設定をおこなっていく形式です。

問題があったブログを記事タイトルを確認しながら非表示にできるメリットがある一方で、しぃアンテナに登録されたブログ全体のどれとどれを非表示にしたのかいまいち把握しづらいというデメリットもかかえます。

非表示にしたブログを再度表示させるには、再びサイドメニュー内にある「フィルター」にアクセスします。

非表示設定したブログがあるとここにリスト化されますので、解除したいブログをクリックして「フィルターを解除する」をクリックします。

旧非表示解除

新バージョン「サイト一覧」でエロ系ブログを非表示にする

サイト上部にメニューが集約されている新バージョンのしぃアンテナでは、「サイト一覧」で一覧表示できる各ブログ名をクリックすることで「このブログを非表示にする」ことができます。

非表示中のブログは薄字で表示されるので一目瞭然で、再び表示するにはブログ名をクリックして「非表示を解除する」だけです。

一覧性が向上したのは旧バージョンからの進化ですが、問題がある記事を見つけたときに即座に非表示ができず、一旦そのブログの名前を覚えてから「サイト一覧」にアクセスする必要があります。

旧バージョンと新バージョンの合わせ技のような使い方ができるとより便利になりそうですが、そこは今後のバージョンアップに期待といったところでしょうか。

新サイト一覧

新バージョンではキーワードによる非表示も可能

新バージョンではキーワードを指定しての非表示も可能です。

メニューの「表示設定」内にある「NGワード」にキーワードを入力し、ページ下部の「保存」をクリックするだけです。

キーワードに「エロ」と入れておけば多くのエロネタを非表示にできますが、

  • この例では「エロ」以外の言葉で書かれたエロネタは非表示にできない
  • 「イエロー」などたまたま「〇エロ〇」になってるキーワードも非表示になる

など、いくつか非表示漏れや情報の見落としが発生する点には要注意です。

新表示設定

新バージョンと旧バージョンの切り替え方法

ここまで新バージョンだの旧バージョンだの言ってきましたが、これらの表示は2021年12月現在では自由に切り替えることができます。

旧バージョン→新バージョン

「ホーム」ページ最下部(広告の少し上)にある「しぃアンテナ(*゚ー゚)の最新バージョンはこちらから。」をクリック

新バージョン→旧バージョン

「ホーム」ページ最下部にある「以前のデザインを引き続き利用されたい方は、こちらから。」をクリック

現状では、好みのデザインを使ってくださいということのようです。

なお、新バージョンから旧バージョンに変更した場合、新バージョンで設定した内容は全てリセットされてしまいます。

旧バージョンでおこなった設定は新バージョンでも引き続き適用されますが、旧で設定した非表示ブログを新で解除したあと旧に戻ると、新でおこなった解除は無効になります。

あまりコロコロと新旧を切り替えていると非表示設定もごちゃごちゃになるので、どちらかに決めたら定着するのがおすすめです。

かつてはエロ広告を非表示にする設定も

Googleでヒットするしぃアンテナの設定ページで「アダルトバナー広告掲載サイト」というものにアクセスできます。

これは、恐らくエロ系のバナー広告を非表示にできる(エロ系ではない広告に差し替えて表示する)という設定だと考えられますが、現状ではしぃアンテナの広告にはエロ系が表示されなくなっているため、特に意味のない設定になっています。

また、Googleからはアクセスできるものの、現在のしぃアンテナのトップページからは新旧バージョンともにこの設定にアクセスするリンクは存在しません。

設定ページのデザインが旧バージョンに似通っていることから、かつてはこのような設定項目が存在していたと考えられます。

まとめ

「しぃアンテナ」は「エロ」目的で人気!?片やアダルトを非表示にできる機能も!というテーマのもと、しぃアンテナをエロネタ中心で使う方法と、エロを排除して使う方法のそれぞれを調査しました。

しぃアンテナは登録ブログ数の多い人気アンテナサイトで、エロ・非エロ問わず多くの情報を収集できる便利サイトです。

膨大な情報を自分用に「絞る」テクニックは、インターネット民としても重要なスキルです。当記事を参考にしぃアンテナを便利に活用してください。

しぃアンテナ(*゚ー゚)とは?登録掲載基準は?どうも、管理人のけいすけです。 今回はまとめサイトのアクセス数を増やすためには欠かせないアンテナサイトへの登録に関する話題をご紹介...
しぃアンテナの姉妹アンテナ、2GETの登録掲載基準は?どうもこんにちは、管理人のけいすけです。 この記事では5ちゃんねるのアンテナサイトである「2GET」について、その登録基準や登録方...
有名な5chのアンテナサイトとは!?まとめてみた!どうもこんにちは、管理人のけいすけです。 5chは大量の投稿が溢れる「情報の海」である反面、量が多過ぎて欲しい情報に辿り着くま...